スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅で見られる 子どもの英語教材ってどれがいいの?

夏休みも残り半分ですね~。
昨日は主人の実家に遊びに行ってきました。


小学生・中学生のいとこのお姉ち
ゃんたちと遊んでもらって
妖怪ウォッチのメダルとグッズをたくさんもらって帰ってきました( *´艸`)


おもちゃの妖怪ウォッチ零、札幌のイオンでも
前日の夜から並びに行っても買えなかったんだそうですよ。。。
すごい人気っ(>_<)


そして…、ちょっと気になるお勉強の話し。


私、結婚前に子ども向けの英語教室で教材担当の仕事をしていたことがあり
子どもの英語教育、特に教材には詳しいです。


子どもの英語というと、『NHKの英語の番組を見せてるから』ってよく聞くんですが
NHKだけでは英語をしゃべれるようにならないのには、
実はちゃんとした理由があります。


NHKの子ども向け英語番組は
話すスピードを❝日本人の子ども❞が
聞き取りやすいように作られているから
逆にネイティブ英語になれなくなっちゃうんですよね。
歌をたのしんで真似するのはいいんですけど…かわいいですし。


でも、うちではNHKの英語は絶対に見せないです(*´ω`*)


いろんな教材を聞き比べたり
ママたちが実際に使っていたビデオ教材の感想をまとめる仕事もしていたので

例えば

ご自身が留学経験をお持ちのお母さんの

「しまじろうはカタカナ発音が気になる」
「アンパンマンもカタカナだったわー」


とか

「ディズニーは映像が古い」
「プーさんや新しいキャラクター
ちょっとしか出てないよ(笑)」


とか(←実際そうでしたね(笑))

子どもの月齢によって

「うちの子1歳だから
歌なら日本語でも英語でもどっちでもいいのよ~(笑)」
「日常会話にちょいちょい英語はさまってきたわ」


とか


いろんな話を聞きましたが、
なかでもとっても覚えているのが

「子どもってね、
“親がやらせたか、やらせなかったか”
“与えたか、与えなかったか”
本当にそれだけの違いだと実感してるの」


というママさんの言葉です。


そうだよな~。
これ本当にそうだと思います。


テレビでも特に、スポーツのスペシャリストの親が話すのを聞くたびに
息子の可能性を広げられるのは親なんだなーと、
尊敬し、自分の子育てを振り返るのです。。。


まだ、少しは言うことを聞いてくれる今のうちに。(爆笑)


英語の発音が恥ずかしい、となる前にしっかりしたものを1つ買い与えよう、と
本気で選んだDVDをご紹介します。


公式サイトに飛びます
   ↓ ↓ ↓
>>こども向け英語教材「NATIVE KIDS」



自分の会社のじゃない教材を選んだ理由(笑)は、
もう5歳なので、歌やダンスって感じではない、のも1つですが


『日常会話』ではなく、単語に注目した教材 だったからです。


毎日の楽しみながらの反復練習 (DVD、カード、ゲーム) で
発音も含めおぼえる単語数を多くするのが目的!
というものは他にみたことがないです。


これ断言します。


楽しく学べる、今のうちだからこそ
知ってる(聞いたことのある)単語数を増やしてあげる、
という考え方と教材の作り方に共感。


欲しいのはこれだな! と気付きました。


今までどの教材も自分の息子に買い与えるにはピンとこなかったのですが
これは欲しい!と見つけてすぐに調べて、納得。


先ほど、注文をしました。


届くのが楽しみです! (*^_^*)

関連記事
プロフィール

りこ

Author:りこ
札幌の子育てママです。


ネットを使って賢く♪をモットーにお買い物を楽しんでいます。

北海道でも送料無料のものを中心に紹介しています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ランキング応援ありがとうございます!
検索フォーム
愛用品たち☆
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。